教え

私たちの宗旨

一、宗派
臨済宗妙心寺派(禅宗)
一、宗旨及教義
お釈迦さまの正法を相承がれた初祖達磨大師、宗祖臨済禅師、さらに開山無相大師に及ぶ一流の禅を宗旨及び教義とします。
一、本山及寺院
正法山妙心寺(京都花園)を大本山とし、建武四年(1337)花園法皇の勅願によって創建され、開山無相大師の法流は四派に分れて、全国三千四百ヶ寺に広がっています。
一、本尊
釈迦牟尼世尊を大恩教主と仰いで尊崇し、印縁により釈迦如来、観世音菩薩等をおまつりします。
一、教典
お釈迦さまの正法をそのままに心に頂く宗旨ですから、特に経典は一定しませんが、主に般若心経、大悲咒、観音経、開甘露門、坐禅和讃、宗門安心章等お誦みします。
一、宗風
宗門は僧俗ともに禅の安心を求める同信同行であり、開山無相大師の「請うその本を務めよ」のご遺誡と、開基花園法皇の「報恩謝徳」の聖旨を体して、仏法興隆を実践する教団であります。
一、信条
自心仏であることを固く信じて坐禅にはげみ、本当の自分にめざめ、どんな苦難にもくじけず常に脚下を照顧めて、くらしを正し、生かされている自分を感謝しつつ世のため、人のためにつくします。
一、檀信徒
檀信徒は花園会員として和やかに力を合わせ、社会を「心の花園」にと念じて、正法をひろめるようつとめます。
一、宗務機関
妙心寺派宗務本所(京都市右京区花園妙心寺町六四)

生活信条

一日一度は静かに坐って、身と呼吸と心を調えましょう。
人間の尊さにめざめ、自分の生活も他人の生活も、大切にしましょう。
生かされている自分を感謝し、報恩の行を積みましょう。


信心のことば

わが身をこのまま空なりと観じて、静かに坐りましょう。
衆生は本来仏なりと信じて、拝んでゆきましょう。
社会を心の花園と念じて、和やかに生きましょう。