坐禅の作法と心得

坐禅とは

近頃禅は世界的に脚光をあびています。坐ること自体が、身体の最も安定した姿であります。又、心の乱れを調えて純真無垢の心境に入るのが坐禅ですから、精神の統一に効果があるのです。現に坐禅をしたいと希望する方の動機は、心身の病気を治したいとか、肚をつくりたいとか、根性をつくりたい等という事が多いのであります。
しかし、これらの願いは、表面的な願いであり、その底には人間の根本的な悩みが含まれています。それは、生死の悩みであります。その生死の悩みより抜けないことには真の安心はありません。そのためには自己の本性を自覚することが大切なのであります。その方法として坐禅が最もすぐれた、合理的な方法なのです。効をあせらず、結果をあてにせず、「坐禅それ自体を目的として坐る」ことが大事なのであります。


坐禅の心得

人間は四威儀といって、歩く姿・立っている姿・坐っている姿・寝ている姿があります。その中で、一番安定している姿が、坐っている姿であります。
達磨大師さまは「外諸縁を止め、内心に喘ぐこと無く、心に牆壁の如くならば、以って道にはいるべし」といわれ、そのような心で坐禅しなければならないと説いておられます。
また、坐とは「外、一切善悪の境界に向かって、信念起こらざるを名づけて坐となし、内、自性を見て動ぜざるを名づけて禅となす」と六祖慧能大師さまは定義されています。つまり坐禅とは、先ず身を調え(調身)、呼吸を調え(調足)、そして心を調える(調心)この三つが根本基本であります。この三つが一つに統一されていないことには、坐禅とはならないのであります。
坐禅は、身体の調整と同時に、精神の安定を計ることであります。


坐禅の仕方

<姿勢>―調身

自分の席に着いたら、まず座布団を二つに折って、お尻の下に当てます。そして右の足を左の腿にのせます。

さらに左の足を右の腿の上にのせます。これを「結跏趺坐」といいます。

この方法が無理な方は、右の足を左の腿の上に乗せるだけでもかまいません。これを「半跏趺坐」といいます。

手は、掌を上向けて、右手を足の上におきます。そして、その上に左手をのせ、両手の親指の尖端が軽く触れるように組みます。
上半身はまっすぐにしてアゴを引き、頭が前後左右に傾かないようにします。さらに、身を前後左右に動かし、重心を安定させます。眼は半眼にして1メートル程先を視ます。
次に、肩の力をぬき、背骨をまっすぐに立てます。舌は上顎につけ、両唇と上下の歯を軽く合わせます。

<呼吸>―調息
姿勢を調え、次に呼吸を調えます。その方法は、腹式呼吸を繰り返すことであります。腹式呼吸は、深々と吸い込んだ息を吐き出すにつれて、しだいに下脇腹に力が入るようにします。そして、徐々に静かな呼吸に調えて行きます。この場合深呼吸のように、腹一杯吸い込む必要はありません。吐く息を静かにゆっくり、長々と出すことが大切であります。
<心>―調心
姿勢と呼吸が調ったら、心を調えます。最初は出入りの息を数える。これを「数息観」と言います。一呼吸を一つとし、息を出すとき、ひとーつ、ふたーつ、みーつと心の中で静かに数え、十まで数えたらまた一つに戻って一より始めます。精神を呼吸に集中して、十まで数えたらかならず一つに戻り、これをくり返して、精神を集中統一させます。
坐禅をしていると雑念が涌いてきて、なかなか無心になれません。「数息観」を続けて、身体と呼吸と心を調える努力が大切であります。

坐禅への準備

<場所>
静かな所で厳粛なフンイキをもって坐ることが望ましいのです。直射日光や強風を防ぐ工夫をし、明りはまぶしくないようにします。
<敷もの>
本格的に坐るには、僧堂で使う単ぶとんがよいのですが、一般的には、平常用いる座ぶとんを使い、一枚は下に敷き、もう一枚を二つ折にして尻の下に敷きます。
<衣服>
洋服の場合は、少しネクタイやバンドをゆるめ、ズボンもゆったりとしたのもを着用することが望ましい。特に女性の場合は、坐って余裕のある、幅の広いスカートが適しています。足袋や靴下は、ぬいで坐ります。

坐禅の時のきまり

  • 堂内(坐禅会場)に入るときは、合掌。出るときは、左手を外側にして、両手を重ね、これを胸に当てた姿で歩みます。
  • 止静中(静寂にしている時間)は、参禅の外、出入りしてはいけません。
  • 用便は、抽解(坐禅中の休息時間)の間に済せます。
  • 私語はつつしみます。
  • 経行中(眠けや足のつかれをとる為に歩く時間)は、足を引きずって歩いてはいけません。
  • 警策を受けるときは、合掌低頭して受けます、決して怒りの念をもってはいけません。

坐禅の時の鳴らし方

直日(坐禅の時の指導監督者)が柝を二声(△△)鳴らしたら坐る姿勢を調えて下さい。
折一声、引鏧一声(△○)で坐禅に入ります。直日は検単といって警策をもって一巡します。
引鏧三声で(○○○)止静に入ります(堂内への出入りはできません。坐禅三昧に入る)この間警策を回します。
止静をやめ、堂内の出入りができることを抽解といって(引鏧一声、柝二声)(○△△)で身体を楽にします。

  • ○…引鏧(柄のついた小さな鐘)
  • △…柝(拍子木)
  • ●…木版